« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」チケット発売開始!

いよいよ第11回公演「偽伝、ジャンヌ・ダルク」のチケットが発売開始となります!

今回も特典満載、ちょっとお得な「早期ご予約特典」等々を作ってみました☆

チケット発売開始期日 2009/3/1(日) 10:00~

日曜日の午前中です(^0^)/

どうぞよろしくお願いいたします!

本公演、非常にお席が少ないため、なるべくお早目のご予約をよろしくお願いいたします。ご予約の方法は次のようになっております。

【ご予約期間】
2009/3/1~2009/3/31(当日24時まで有効)

【お申し込み方法】

(1)アロッタファジャイナHPチケットフォームからお申し込みください。
    http://www.alotf.com/(携帯・PC共通)

(2) 3営業日以内に受付完了のメールを送信させていただきます。(なお、稀にフリーメールや携帯メールをご利用の方で、迷惑メールフィルタリングの仕様でメールが届かない場合がございます。その際には、再度お申し込みをいただくか090-1555-8680 (制作・中山 )までご連絡をお願いいたします。)

sign03早期ご予約特典キャンペーン実施中sign03

♪その1) 【役者ブログから購入特典】

アロッタの公式ブログまたは役者個人のブログには役者から直接チケットが購入できるチケットフォームへのリンクが張ってあります。このリンクからチケットをご購入いただいた皆様には、役者本人直筆のメッセージカードをチケットとともにお送りします。
一枚一枚感謝の気持ちを込めて書いたカードはかなりレアもの!?

役者個人からチケットを買う。

♪その2)【チケット早期ご予約特典】

チケットを早期ご購入され、3/19までに入金を済まされた方のなかで、ご希望の方には、公演当日受付にて、出演者写真セットをプレゼントいたします。チーム・ホワイトをご予約の方は、チーム・ホワイトの写真セットを。チーム・ブルーをご予約の方は、チーム・ブルーの写真セットを。両方申込の方には、特別写真セットをプレゼントいたします。

♪その3)【CoRichコメント特典】

また、演劇クチコミサイトのCoRich舞台芸術の「観たい!」にコメントをお書きいただければ公演当日受付にて、出演者特別インタビューDVD「偽伝の偽伝」を差し上げます。
CoRich舞台芸術の「偽伝、ジャンヌ・ダルク」の「観たい!」にコメントした方はhttp://stage.corich.jp/message.php?member_id=39062へご予約のお名前とハンドルネームご連絡いただくか、alotf@enmel.comへメールにて書き込みをした旨とご予約のお名前、ハンドルネームをご連絡ください。

CoRichへの書き込みは次をクリック。
(PCから)http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_main_id=9146
(携帯から)http://www.corich.jp/m/s/stage_detail.php?stage_main_id=9146

☆以下は注意事項です☆

■今回の客席はすべて自由席となります。なお狭い劇場となりますのでお席に限りがございます。座席指定は伺っておりませんのでご注意ください。

■ご入金後のキャンセル・ご返金・日時変更は承れませんのでご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役者個人からチケットを買う!

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」では、チケット予約特典をお付けしています。

役者のブログリンクあるいは、以下のリンクからチケットをお買い求めの御方には、役者がら直筆メッセージカードをお付けしてチケットをお渡しします。

ぜひともこの機会にレアーな役者直筆メッセージカードをGETしちゃってくださいpig

【チーム・ホワイト】

安川結花
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

ナカヤマミチコ
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

乃木太郎
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

峯尾晶
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

花音
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

若宮亮(エムキチビート/Bamboo)
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

加藤沙織(エクスィードアルファ)
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

【チーム・ブルー】

安川結花
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

青木ナナ
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

井川千尋
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

斉藤新平
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

菅野貴夫(時間堂)
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

竹内勇人(M.M.P)
個人ブログに飛ぶ
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

白木あゆみ(バウンドプロモーション)
・(PC)役者個人からチケットを買う
・(携帯)役者個人からチケットを買う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」始動☆

劇団主宰のマツガエです。

ご無沙汰しています。

さて、そろそろ第11回公演に向けて始動する時期となりました。

第11回目の公演の演目は

「偽伝、ジャンヌ・ダルク」

です。

ぜひ期待していてください。

いろいろな情報を今後ここでお伝えしていく予定です。

今日はひとまず、チラシの裏面にのせた僕の言葉を掲載したいと思います。

------------

 その『声』を聴け。

2006年12月、「偽伝、樋口一葉」という芝居を金子修介監督監修、満島ひかり、広澤葵のダブル主演でうった。「偽伝」という言葉は読んで字の如く、ニセの伝記というような意味であるが、実は作り手的には『誰よりも本当のことを書く』というかなり尊大で高邁な意気込みがあったのだけども、それを声高に言うのはちょっと照れるので、だから照れ隠しで「偽伝」なんて言い方をしてみたわけだ。しかし、この誰よりも本当のことを書くというのは、結構厄介なチャレンジで、真実に耳を傾けすぎると作り手の意図に反する事実が浮かび上がったりして、「お話」にならず苦闘することになる。だがこの苦闘、決して悪いことではない。というのは、人間一人の想像力で考え付く安易な「お話」なんぞたかが知れているのであって、それを考えると真実の声に真摯に耳を傾けることで、創作家である僕は、僕の想像力という限界を超えて、より深い「お話」=「お話にならない「お話」」に到達することができる。実際、「偽伝、樋口一葉」では、当初の僕の目論見に反して、なぜ樋口一葉が半井桃水に惚れたのかというようなところに行きついた。半井桃水=イケメンの女たらしという世間の常識に反して、半井桃水は、幼き日に日韓関係をゆがませ、征韓論を盛り上がらせた張本人としての影を背負い(すくなくとも本人はそう思っていた)、その幼き日の罪をリカバリーし、険悪になる日韓関係をなんとか修復しようとするために時代にあらがい新聞小説を書くという実に志の高い男で、一葉が惚れるのも致し方ない人物であったというのが浮かび上がってきた。当初は半井桃水を女たらしとして貶めようとしていた僕を、時空を超え一葉が「桃水先生はそんな人ではありません」とたしなめたと言っていいかもしれない。つまり、「偽伝」とは僕と歴史のガチンコ勝負なのであって、今回「ジャンヌ・ダルク」という異人さんを取り巻く歴史と僕は対峙する。なぜ「ジャンヌ・ダルク」かという質問には答えづらい。ただ、僕は「奇蹟」に興味があるのだなということは改めて思う。新国立劇場でやった「ルドンの黙示」、金子監督の映画をモチーフに描いた「1999.9年の夏休み」、楳図かずお先生の原作でありご本人にも出演していただいた「わたしは真悟」、僕の過去の作品はすべて「奇蹟」を描いていると言ってもいい。なによりも他人が他人を好きになる、他人が他人を信じる、僕らが今ここにいる、こういったことこそ「奇蹟」なのだ。だから、僕は今回も描くことになるだろう。生きることの奇蹟を。ジャンヌ・ダルクという少女、敗戦色濃いフランスを勝利に導き、その行った奇蹟にもかかわらず、裏切られ19歳という若さで火あぶりになった少女、その真実を探ることで、僕はきっとジャンヌ・ダルクをめぐって歴史に埋められた沢山の奇蹟を掘り起こすことになると思う。ぜひ皆さんも劇場で一緒に奇蹟を拾っていってください。(アロッタファジャイナ主宰 松枝佳紀)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »