トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

D-BOYS STAGE「ラストゲーム 最後の早慶戦」突撃インダビュー★by安川

http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/2008/06/dboys_stage_f225.html

はい☆

昨日は柳 浩太郎さんが出演されている

D-BOYS STAGE「ラストゲーム 最後の早慶戦」を観劇し、

柳さんに色々突撃インタビューして参りました☆>w<ノ

舞台が終わってすぐに

「今回のD-BOYSSTAGEはいかがでしたか?」「これから始まるルドンの黙示について」

そして「柳さんにとって舞台とは?」

など

聞かせて頂いた所、

とても真剣に「自分にとって舞台は。。。」

っとお話して下さりました。

そんなインタビューの風景や

柳さんの舞台終了後楽屋裏写真など(もしかしたら動画も!!?)を

アロッタファジャイナ「!」メルマガにて

配信されるそうなので>w<ノ

皆さんぜひぜひご登録ヨロシクお願いします☆

http://archive.mag2.com/0000264365/index.html

↑アロッタ「!」メルマガ

P.S

安川も現地で聞かされて本当の本当に突撃インタビューだったため、

正直、かなり生ライブなインタビュー通信をお楽しみ下さぃ(´∀`;テンパッタテンパッタ~)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

ルドンブログにてご挨拶☆>ワ<ノどうも安川です★

こんばんわ!

はじめましての方もお久しぶりの方も

こんばんわ^ワ^ノ

松枝さんからブログのバトンタッチを頂いた。

えーと、

あの

ルドンチラシにて

白くて包帯グルグル巻な感じで

最近かなりアロッタの定番メニュー化してきた安川結花です!!以後オミシリオキヲ♪>w<b

Rudon_omote

はい、

ラーメン屋で行くとチャーハンかな?って思うのですが

個人的にオムライスになりたい(美味シインデスヨラーメン屋ノオムライスッテ、チャーハンノグノアジガスルンデス)。

でも

きっとチャーハンでもオムライスでもなく。

アロッタというラーメンに浮いてる何かなのかもしれないと

今思いました。

出来れば卵が良いのですけど・w・´

はい、

そんな卵を、最後に残しておく方も最初に食べてしまう方も

お待ちどうさまでした!^ワ^ノ

今回は当店自慢のアロッタ、特大メニュー>ワ<b!

一年ぶりのアロッタファジャイナ第9回本公演☆

『ルドンの黙示』をご予約して頂き&して頂こうと考えているお客様、誠にありがとうございます!!!!^ワ^ノ

当劇団では

今回も素敵な具材となる

キュートからセクシーな役者さんがいっぱい揃っております!>ワ<b

もうね、

食べ過ぎても知らないゾ☆ってなくらい

男女共々個性的な方ばかり>w<ノ

もう、アロッタ初の大人数となります、35人!!!!?\(゜ロ\)(/ロ゜新記録!)/

偽伝、樋口一葉の20人を上回りました>w<ノ

そして

料理人は勿論この方♪

アロッタ主宰の脚・演出家の松枝 佳紀^ワ^b☆

高い知性と同居した少年の心がフル回転した結果、

380度回の奇想天外な世界を作りだす我らが主宰!w>ワ<w

安川など足もとに及ばない奇想天外ぷりっ!(イヨッ大将!´ワ`アツイネ!)ノ

今回の作品も

皆さんをきっと役者たちの味をうまく使って

素敵な物語を魅せて下さると信じてます!!^ワ^ノ

かぁーっっ!!!>ワ<ノ

もー安川も

とても熱い気持ちで、

背中の後ろに宇宙戦艦ヤ●トのテーマが流れてます、イイ感じに☆

あぁ、

早く7月にならないかな?!!!稽古~稽古~>ワ<b

あ☆

今回もいつものごとく、

役者さんの写真撮影は安川が担当すると思うので^ワ^b

このルドンの黙示ブログに

小出しに小出しに、皆さんをジラしながら(´ー`フフ)ノ

尚且つ!

役者さんスペシャルセクシーショットを狙い目に!!!(男女問ワズココ重要w!>ワ<b

皆さんにその写真をお見せできる事も安川楽しみの一つにして^ワ^b

ジリジリ炎天下のこの真夏に、

素敵に燃えて行こうと思います>ワ<ノ☆

あー

何かお宝GETな気分になってきたので

ルパン○世80’がバックに流れても心の準備がOKな感じになってきました>ワ<b

さぁ☆

はじめましてな方もお久しぶりな方も!!!

こんな感じでブログだけはハイテンションな安川にひかずにネ♪>ワ<b←トクニ女ノ子見捨テナイデ行カナイデ!!!\(゜ロ\;)(;/ロ゜゙違ウンダコレハ誤解ダ、アレダ!螺旋階段ニ7024匹ノ...ッテハイ、スミマセン調子ニノリマシタ、シツコイネ、ワカッテルョソンナ世ノ中サOTZ

まぁ、何やこんやで☆>ワ<b

本番までのこの2か月間!!!!

ルドンの黙示!そしてブログを☆

皆さんどうぞヨロシクお願いします!!!!^ワ^ノ

以上☆

何かチラシで白くて包帯グルグル巻な安川結花でしたー!!!>ワ<b

P.S

次の安川記事は過去に振り返り衣装合わせやチラシ撮影の記事UPさせて頂きマース♪(´∀`レッツ小出シwジラシテゴメンネ☆)b

お楽しみに~^ワ^ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

【ルドンの見所3】音楽

すみません。

松枝です。

ブログ更新サボっていました。

いま「ルドンの黙示」脚本書きで死んでるんで・・・

と言い訳をしたところで

続き。

「ルドンの黙示」の見所パート3

それは

音楽

です。

 

もちろん、

うちの芝居をこれまで見に来てくれた人は

いつも音楽にこだわりがある

というのはわかってくれているとは思います。

今回はさらに特別です。

 

なにが特別かと言うと

生演奏、生歌

だということ

しかも

その演奏が普通ではなく

お琴

だということ

しかもそのお琴が普通のように13弦ではなく

25弦

もある特別でかいやつだといことです。

この演奏・唄を披露してくださるのが

Psalmのお二人です。

Psalm01

Psalmと書いて「サーム」と読みます。

彼女たちの音楽がめちゃくちゃ素敵なんです。

上の写真

左のお琴を弾いているのが「かりん」さん、唄も歌われます。

右の歌っているのが「玉井夕海」さん。

 

2人で結成されているユニットPsalmですが

その特徴は

さっきも触れましたが

かりんさんが弾く二十五弦の琴。

これがすごい。

魂の音というか

これ

魂の奏(かなで)

と名づけさせてもらいます。

 

そして

美しい唄声も必聴です。

玉井夕海さんの天使の唄声

かりんさんの母なる海の唄声

 

いや、もう言葉で表わせないですね。

とりあえず

Psalmが舞台上で生演奏をする。

これを見に来るだけでも一見一聞の価値がある。

 

そうです。

「奇跡の音楽」

これが本公演の見所の一つなのです。

 

「奇跡の音楽」と「奇跡の物語」

その「奇跡的な融合」を

新国立劇場で目の当たりにしてください。

実は今日彼女たち野外ライブやっているので

お時間、間に合う人はぜひ。

詳細は→をクリック。

 

ちなみに

「玉井夕海」さんは声優もやられていて

なんと「千と千尋の神隠し」では

湯屋で千尋の世話をする先輩リンの声を担当しています。

Senchihi_rin

なんか雰囲気も似ているかもwww

 

と、Psalmのことばかりを書いてきましたが

「ルドンの黙示」の音楽はこればかりではありません。

作曲家MOKさんに参加いただいているからです。

MOKUさんは

かつて僕脚本の映像作品「希望の党☆」に音楽をつけてくれました。

僕はこれで彼の音楽にほれてしまいました。

そして

それから金子修介監督が総監督を勤めるTVドラマ

「ホーリーランド」

でも音楽を担当しておられます。

これも非常に良かった。

現在は

mixiムービーである

TOKYO PROM QUEEN

の音楽を担当されています。

MOKUさんがいい感じに

Psalmの音楽をアレンジしてくれるはずです。

ぜひとも、「ルドンの黙示」

音楽も超期待していてください。

 

というわけで

「ルドンの黙示」

の三つ目の見所・・・というか聞き所でした。

さて、次回は四つ目の見所・・・「舞台」についてです。

ということで次回更新をお楽しみに!

(というか結花、ブログ更新ヘルプ!!)

-----------

松枝佳紀

http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

【ルドンの見所2】キャスト

今回キャストが35名もいます。

この魅力様々な多様なキャストが

「ルドンの黙示」の見所の一つなのです

と言って、

35名を紹介するとわやくちゃになってしまう。

ので、

今日のところは・・・

チラシに写っている4人を軽く紹介したいと思います。

もちろん、近々、全員紹介しますよ!

 

まず

柳浩太郎くん

http://blog.watanabepro.co.jp/yanagikotaro/

彼はいわずと知れた愛らしい少年ですが、

単に可愛いだけではありません。

彼のブログを読めばわかるように

深いところで傷を抱え深い思いを抱いている。

柳くんはかつて交通事故に会い

瀕死の重症・死の淵から生還したという苦痛と奇跡を経験してきた少年です。

実は、ぼく松枝佳紀も18歳の頃同じ様な交通事故にあい、

脳挫傷、左半身不随、記憶喪失となった過去を持ちます。

そのことを言うと会うなり

僕と柳くんは意気投合してしまいました。

(ほんと柳くんはひょうきんで面白い子です)

死の淵から生還した作・演出の僕とそして主演の柳浩太郎くん。

同じような過去を抱える僕らがシンクロして語る未来の奇跡

・・・それこそが「ルドンの黙示」という舞台です。

僕らでなければ語れない奇跡・・・それをぜひ見に来てください。

 

篠田光亮くん

http://shinoda.cocolog-nifty.com/

僕は彼に会って、彼の芝居を見て

胸を打たれました。

甘くセクシーなマスク(ある意味可愛らしい!?)

それ以上に素敵なのがあの意外に太く美しい声。

その素直な性格から、

可愛い役や優等生キャラが多そうな彼ですが、

僕はひと目でこのセクシーな篠田くんには

ぜったい残虐非道残忍な悪役をやらせたい・・・と思いました。

で、そのことを篠田くんに言うと

「そういう役やったことないんで、ぜひやりたいっス」

そんなわけで今回、篠田くんには

セクシーで残酷な悪役を演じてもらうことになりました。

楽しみにしていてください。

悪のセクシーボイスに失神する人続出でしょう。

 

満島ひかりちゃん

http://ameblo.jp/mitsushima-hikari/

現在NHKの朝の連続ドラマ小説「瞳」にレギュラー出演中の彼女。

実は彼女の初舞台は

2年前の2006年12月の

ぼくらの公演

「偽伝、樋口一葉」(映画監督金子修介監修)

でした。

その後、2007年の夏、

僕らの番外公演

「農業少女」(脚本:野田秀樹、演出:松枝佳紀)

でも

主演を張り、

映画でもつぎつぎに主演級の仕事をこなし(公開はこれからです)、

現在急成長中。

今回3度目のアロッタファジャイナ出演になります。

女性としての魅力も増し、演技力も増している彼女。

今回はどんな満島ひかりを見せてくれるのか。

僕も楽しみ・・・少し怖い・・・(^^;です。

 

そして

安川結花

http://osoranozikann.cocolog-nifty.com/blogsky/

うちの劇団の代表格の女優です。

まだまだ21歳。

普段は毛の生えた不思議ちゃんなのですが

ひとたび芝居をするとキリリと変貌する・・・

ご存知のかたは、ご存知だと思うのですが

その変貌っぷりはかなりびっくりです。

勝気な少年を演じたかと思えば、妖艶な人妻を演じ

でも普段は不思議ちゃん・・・というギャップ。

今回も、ばっちり変貌してもらいます。

彼女の奇妙キテレツなブログからは予想できない役に。

満島ひかりちゃんとは

「偽伝、樋口一葉」

で、姉妹の関係でしたが

今回

「ルドンの黙示」

では

恋敵・・・ライバル!?

な関係の予感・・・

とにもかくにも

安川結花の変貌演技にはぜひご注目ください!!

アロッタ名物なんで。

 

と、まずは4人を紹介しましたが

それ以外のキャストも本当に魅力的です。

今後、徐々に紹介させていただきます。

 

ということで

「ルドンの黙示」の見所の2番目は

キャストでした。

 

次回は、「ルドンの黙示」もう一つの見所。

「音楽」

について紹介します。

いつも以上に今回は音楽が重要になってくるんですよ。

次回更新をお楽しみに。

-----------

松枝佳紀

http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

【ルドンの見所1】ストーリー

「ルドンの黙示」という芝居の見所は

まずストーリー。

もちろん

話が面白いっていうのは当然そうなきゃならないのですが

それはそうとしながら、

今回

「戦争」

を取り上げたいなと思っています。

「人が何で争うのか」

その様を描きたいなと思っています。

 

ちなみに

「戦争」ってことで言えば

こないだまでやっていた

篠田光亮くん出演の「オサエロ」

なんかもそうですけど

あれは「戦争」っていう時代背景を舞台にした

「友情」や「恋」や「青春」の物語だと言えます。

 

が、今回はもう少し

「戦争」

ということがメインになってくる。

「戦争」というか

人間の他人に対する正当化された残酷性というか。

 

世の中には、

「戦争」を無くそうとする人たちもいれば

「戦争」は必要悪だと言う人もいる。

そして実際に世界のどこかでは「戦争」はおこり

誰かが死んでいる・・・この事実。

 

「戦争」と大きく構えなくても

最近、よく耳にするような

残忍残酷な事件・・・

あれはたぶん「戦争」なんだと思うんですよね。

ある意味。実質的に。

たとえば秋葉原や江東区や

そういう日常で

人が理由もなく殺されている・・・この事実。

この普段はぼんやりと考えないような事実。

それに対して

ぼくら世代はどうすべきか、どう考えるべきか。

 

今回、ぼくらのチームで

「戦争」

について一生懸命考えて

そしてその疑問に何か答えを出そうと考えています。

 

その僕らが出した答え

それが「ルドンの黙示」という芝居になるはずです。

僕らがどういう答えを出すのか、それを楽しみにしてもらいたい。

で、一緒に何かを感じ、考えてもらえればと思っています。

ということで

「ルドンの黙示」の見所の最初は

ストーリーでした。

 

次回は、「ルドンの黙示」もう一つの見所。

「キャスト」

を紹介します。

ほんと色々魅力的なメンバーがそろっているんです。

-----------

松枝佳紀

http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

作・演出の松枝佳紀です。

「ルドンの黙示」

脚本・演出の松枝です。

松に枝でマツガエです。

 

さてブログをはじめるに当たり代表として一言。

ということなのでこの記事をエントリーするわけですが

まだ顔合わせどころか

脚本も上がっていないので(ぼくのせいなんですが(^^;)

何を書いていいやらなんですけど・・・

 

いまんところの目論見というか

たぶんこれが「ルドン」の見所になる・・・

ってことを列挙してみましょうかね。

 

1.ストーリー

2.キャスト

3.音楽

4.舞台

 

この4つが見所です。

それぞれを次のブログのエントリーから

順番に

ちょっと深く見ていこうと思います。

-----------

松枝佳紀

http://alotf.cocolog-nifty.com/nikki/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2008年7月 »